【Amazonアプリストア小規模ビジネス向けアクセラレータープログラム】第1段階が始動

(本ブログは、こちらの英語記事を翻訳したものです)

 

このたび、Amazonアプリストア小規模ビジネス向けアクセラレータープログラムの第1段階が始動となりました。前暦年の年間収益が100万USD未満、またはAmazonアプリストアの利用が初めての開発者に課される手数料率が20%に引き下げられるため、収益の80%を得られるようになります。新料率は自動的に適用となるため、必要なお手続きはありません。

また、本プログラムの一環として、対象となる小規模開発者のアプリ専用セクションがFireタブレットデバイス内で新たに設けられました。このセクションでは、本プログラムに参加している開発者の事例をご紹介するとともに、そのアプリの販促を幅広く行う予定です。

本プログラムは2022年に次の段階へと進み、収益の10%相当のAWS販促クレジットが付与されるようになります。対象となる開発者には、AWS販促クレジットの受け取り方法や、クラウド開発のメリットを活かす方法をEメールでご案内いたします。

 


よくある質問(FAQ)

1)小規模ビジネス向けアクセラレータープログラムの適用対象について教えてください。

  • すべてのマーケットプレイスにおいて前暦年の年間収益が100万USD未満の開発者と、Amazonアプリストアの利用が初めての開発者が適用対象となります。
  • 対象となった開発者の収益が当年内に100万USD以上になると、手数料率と提供されるベネフィットは標準に戻ります。
  • 翌年以降、年間収益が100万USDを下回った場合、その次の暦年は本プログラムの適用対象となります。

 

2)小規模ビジネス向けアクセラレータープログラムの一環であるAWS販促クレジットは、いつから開発者に付与されますか?

本プログラムのAWS販促クレジットは、2022年度内の付与開始を予定しています。対象となる開発者にはEメールでお知らせいたします。

 

3)適用対象の開発者の収益分配率は、いつから変更となりますか?

収益分配率は2021年12月22日に引き上げられ、同日から対象開発者へのロイヤリティの支払いに反映されます。

Small business developers now earn more

We’re excited to announce the launch of the first phase of the Amazon Appstore Small Business Accelerator Program. Developers with revenue less than 1 million USD in the previous calendar year will now receive an increased 80/20 revenue share with no action required to earn the new rates.

As part of the program, we’ve also created a new dedicated application row on Fire tablet devices which features apps from eligible small business developers. This row will showcase developers from the program and we hope will drive more visibility for a broad selection of apps.

The program will continue to expand in 2022, with the next phase featuring AWS promotional credits equivalent to 10 percent of revenue. Eligible developers will receive guidance via email on how to claim their credits and unlock the benefits of building on the cloud.

Want to stay updated? Receive continued program updates by subscribing to the Amazon Appstore Developer Newsletter.

 


FAQs

1) How does eligibility for the Amazon Appstore Small Business Accelerator program work?

  • Developers in all marketplaces who earned less than 1 million USD in the prior calendar year and developers new to Amazon Appstore are eligible.
  • If an eligible developer earns 1 million USD or more in the current year, they will revert to the standard royalty rates and benefits.
  • If a developer’s revenue falls below 1 million USD in a future year, the developer will be eligible in the next calendar year.

 

2) When will AWS promotional credits become available to developers as part of the Amazon Appstore Small Business Accelerator Program?

AWS promotional credits will become available as part of the program in 2022. All eligible developers will be notified via email.

 

3) Once I am eligible, when will the revenue-share adjustment start?

The revenue share adjustment began on December 22, 2021, and higher royalty payments started for all eligible developers on this day.

[Appstore SDK] 提供開始のお知らせ

このたびAmazonアプリストアでは、新しいアプリ内課金(IAP)SDK「Appstore SDK」の提供を開始いたしました。本SDKを使用することで、Fire TVやFireタブレットで購入可能なデジタルコンテンツ・定期購入型アイテム(ゲーム内通貨、ゲームにおける追加のライフ、アップグレードなど)を提供することができます。
 

Appstore SDKの統合方法
Appstore SDKの統合は簡単です。まず、Appstore SDKをダウンロードし、こちらのテクニカルドキュメントに記載されている手順に従ってください。統合が完了したら、Amazonアプリストアでアプリを公開する前にApp Testerを使用してIAP機能のテストを行います。アプリをローカル環境でテストした後は、ライブアプリテストサービスを使用して、特定のユーザーグループを対象に本番環境でアプリのベータテストを実行することも可能です。
 

IAP SDK V2.0からAppstore SDKへの移行
この移行方法を詳しく説明したビデオチュートリアル(日本語字幕付き)をご用意しました。まずはAppstore SDKをダウンロードしてから、既存のIAP JARを削除し、パブリックキーを用いて新しいAppstore SDKを構成してください。


 


Appstore SDKの詳細については、 以下のテクニカルドキュメントをご確認ください。

The new Amazon Appstore SDK

Today, the Amazon Appstore is launching the Appstore SDK, the newest version of Amazon’s In-App Purchasing SDK. This SDK is the latest In-App Purchasing (IAP) SDK, enabling developers to offer digital content and subscriptions for purchase, such as virtual currency, extra lives, and upgrades on Fire TV and Fire tablet devices.
 

Getting started with Appstore SDK
Integrating with Appstore SDK is easy. To get started, download the SDK and follow the steps listed in our technical documentation. Post-integration, you can use the App Tester to test your IAP functionality before publishing to the Amazon Appstore. After testing your app locally, you can also use the Live App Testing service to beta test your app in a live production environment with a select group of users.
 

Upgrading from IAP SDK V2.0 to Appstore SDK
To help with the transition, we’ve created a detailed tutorial on how to migrate an app from IAP SDK V2.0 to Appstore SDK. The first step is downloading the Appstore SDK. From there, you’ll need to remove your existing IAP JAR and configure the new Appstore SDK using a public key.
 

 


Interested in learning more about the Appstore SDK? Check out the technical documentation:

Windows 11におけるAmazonアプリストアのサポート計画が次のステップへ(参考訳、現状米国のみ)

(※本ブログは、参考訳としてこちらの英語記事を日本語化したものです。ローンチ時点では米国のみでの展開になります。)

 

2021年6月24日(米国時間)に開催されたMicrosoftのWindowsイベントにおいて、MicrosoftとAmazonはWindows 11のMicrosoft StoreでAmazonアプリストアをサポートする計画を発表しました。これにより、Amazonアプリストアの開発者は何億人ものWindowsユーザーにAndroidアプリを提供できるようになります。

本計画の第1段階として、MicrosoftとAmazonは2021年10月20日(米国時間)より、Amazonアプリストアの一部のアプリをWindows Insider(英語のみ)コミュニティに向けて公開しています。Windows Insiderは、一般提供が予定されているモバイルアプリ機能に早期にアクセスし、プレビューを試すことができるプログラムです。この第1段階はクローズドベータテストの一環として行われ、対象となるAmazonアプリストアのアプリには、Kindle、Khan Academy Kids、United Airlinesなどがあります。

このMicrosoftとの計画は段階的に進めており、Windows 11ユーザーにAndroidアプリを提供する方法の詳細については、後日改めてご案内いたします。

Amazonアプリストアでは、開発者の皆さまにさまざまなメリットを提供できるよう取り組んでいます。まだAmazonアプリストアをご利用でない場合は、まずアプリを申請してみることをお勧めします。

 


よくある質問(FAQ)

1)Amazonアプリストアで配信中のアプリは、いつWindows 11で提供されるようになりますか?
Windows 11における配信方法の詳細については、改めてお知らせいたします。現在Amazonアプリストアをご利用でない場合は、こちらの手順に従ってAndroidアプリを申請してください。

2)Windows Insider Programには、どのような人が参加していますか?
Windows Insider Programには、一般提供前の機能をいち早く試してWindowsの未来の一翼を担いたいと考える、熱意あるWindowsユーザーが参加しています。

3)Windows 11での配信に関する最新情報を受け取るには、どうすればよいですか?
より多くのアプリをWindows 11で配信できるようになりましたら、Eメールでお知らせいたします。また、こちら(英語のみ)にご登録いただくと、本計画の最新情報を受け取ることもできます。

Amazon and Microsoft announce next steps for bringing the Amazon Appstore to Windows customers

 

At Microsoft’s Windows Event earlier this year, Microsoft and Amazon announced plans to bring the Amazon Appstore to the Microsoft Store on Windows 11. For Amazon Appstore developers, this means expanding their ability to reach hundreds of millions of new customers on Windows.

Today we’re launching the first phase of this program by opening a limited selection of Amazon Appstore apps to Windows Insider community. Microsoft is inviting Windows Insiders to gain early access and explore a preview of mobile app functionality that will be offered to customers. The Amazon Appstore apps featured in this phase of the program are part of a closed beta, and include apps like Kindle, Khan Academy Kids, and United Airlines.

We are excited about the progress we are making with the program and look forward to sharing more details for how Amazon will provide developers with the opportunity to make their Android apps available to Windows 11 customers.

If you’re not developing for the Amazon Appstore, the best way to get started is to submit your app to unlock the benefits of the Amazon Appstore.


FAQs

1) My app is already on the Amazon Appstore. When will it be included on Windows 11?
The Amazon Appstore team will share more details over time in the coming months. Developers who aren’t currently part of the Amazon Appstore can submit their Android apps here.

2) Who is included in the Windows Insider Program?
The Windows Insider Program is an active community of Window’s biggest fans who get to be the first to see what’s next and help shape the future of Windows.

3) How do I receive updates about Windows 11 eligibility?
The Amazon Appstore team will share an update via email as more apps are eligible for Windows 11. Developers can also sign up here to receive updates about the program.

新世代「Fire TV Stick 4k Max」が登場

 

2021年9月9日(木)、 Amazonは新機種となるFire TV Stick 4K Maxを発表しました。本デバイスは次世代のWi-Fi 6に対応し、従来のFire TV Stick 4Kより40%パワフルになったストリーミングメディアプレーヤーです。Wi-Fi 6に接続した複数のデバイスでストリーミング再生する際に、安定した接続が可能となります*。また、付属するリモコンの音声認識ボタンを押しながらAlexaに話しかけるだけで、簡単にコンテンツを検索・再生操作することもできます。

世界中のユーザーにアプローチ
Amazonアプリストアで公開中のFire TV対応アプリは、追加の開発作業なしでFire TV Stick 4K Maxでもシームレスに動作するため、アプリのリーチを拡大させる機会がより一層広がります。

* Wi-Fi 6の性能を利用するには、Wi-Fi 6対応ルーターが必要です。
 


Amazonアプリストア向けのアプリ開発は、簡単に始めることができます。今すぐアカウントを作成し、世界中で月間アクティブユーザー数5,000万人を超えるFire TVデバイスに対応するアプリを開発してみませんか。

新デバイスの詳細については、 以下のリソースをご参照ください。

Introducing the next generation Fire TV Stick 4K Max and Amazon’s first smart TV

 

The next generation of Fire TV devices are here.  Today, Amazon announced the new Fire TV Stick 4K Max and the first generation Amazon Fire TV.

 

The new Fire TV Stick 4K Max is the most powerful 4K streaming stick yet – delivering 15% faster apps starts, fluid cloud gaming, and next-gen Wi-Fi 6 connectivity for an optimized entertainment experience.

The Amazon Fire TV 4-Series and Omni Series are the first Amazon branded smart TV’s on the market. These devices redefine the smart TV experience by delivering cinematic 4K Ultra HD entertainment with Dolby Digital Plus audio and hands-free Alexa voice search, control, content selection.
 

For developers, these devices create even more opportunities to engage with customers and grow app reach across the Amazon Appstore.

 

Expanded global reach
These Fire TV launches create even more opportunities to reach customers around the world without additional development work. Existing Amazon Appstore apps will work seamlessly on both Fire TV devices, allowing developers to engage with the expanded audience.
 

Integrate your app with the new Far Field entertainment experience
The new Amazon Fire TV will feature Far Field entertainment – taking the Alexa voice experience to the next level. With these enhancements, voice enabled apps will see increased customer engagement. Integrating these features will give customers hands-free control – boosting app interactions and making content discovery easier. If your Fire TV app doesn’t support Alexa voice controls, check out our Media Session API and the Alexa Video Skills Kit to learn how to add voice to your app.

Your customers will be able to use Alexa hands-free, allowing them to interact and engage with apps anytime. With the new Fire TV Stick 4K Max, customers will be able control, search, and browse for content in your app using the Alexa button on their remote.

 


If you’re new to the Amazon Appstore, it’s easy to get started. Create an account to start developing for leading streaming device with over 50 million monthly active users worldwide.
 

Interested in learning more about the new devices? Check out these resources:

Fire TV is expanding outside the living room

 

Today, Amazon is bringing Fire TV outside the living room. With this launch, customers are now able to enjoy the Fire TV experience in the car and stream the latest shows from the most popular video services. This product was announced at CES in Las Vegas in January 2020 and is now available in two Stellantis vehicles – the Jeep Wagoneer and Jeep Grand Wagoneer.

For developers, this launch introduces new ways to engage with customers, grow usage, and broaden app reach outside the traditional living room Fire TV experience.
 

Building for the 3-foot experience

When optimizing your Fire TV app for Automotive, there are a number of key UX differences:

1) The device is optimized for a smaller screen, including improved legibility for text.
2) There are multiple displays in-vehicle, which allows for content mirroring across devices in the car.
3) Content can be accessed by customers with the remote, voice, or touch.
 

Given these nuances, it’s important for developers to consider how their app will look in the 3-foot experience and make changes to their app design to optimize for the new functionality. Check out our Automotive UX technical documentation to learn more about adapting your app for auto.

 

New Fire OS features: Touch and Offline Download

Fire TV’s expansion into automotive introduces new features to the Fire OS for creating intuitive and seamless customer experiences through touch, remote, and voice interactions. Touch for Fire TV is Amazon’s latest innovation in entertainment, bringing touch functionality to a previously remote-driven experience. Offline Download is an opportunity for continuous engagement where customers can watch content even without an internet connection.

 

Ready to get started or interested in learning more? Check out these resources:

Amazonアプリストア小規模ビジネス向けアクセラレータープログラム、 第4四半期に始動

 

(※本ブログは、こちらの英語記事を翻訳したものです)

 

2021年6月15日(米国時間)、Amazonアプリストアは小規模開発者の支援を目的とした「Amazonアプリストア小規模ビジネス向けアクセラレータープログラム」を発表しました。この新しいプログラムは、クラウドインフラストラクチャのコスト削減によってスケーラブルなビジネスの構築を支援するとともに、開発者側の収益分配率を引き上げることでAmazonアプリストアの利用を促進するものです。

本プログラムは2021年第4四半期に始動となる予定です。前暦年の年間収益が100万USD未満、またはAmazonアプリストアの利用が初めての開発者には、収益分配率の引き上げに加えてAWSクレジットが提供されるため、最大で収益の90%相当を受け取ることができるようになります。 

本プログラムの開始に伴い、対象となる小規模開発者に課される手数料率がデフォルトで20%に引き下げられ、収益の80%を得られるようになります。さらに、収益の10%相当がAWSプロモーションクレジットとして付与されるので、開発者はクラウド開発のメリットを存分に活かせるようになります。

Amazonアプリストアでは、小規模開発者がこのクレジットを通じてAWSの利用を開始できるよう支援することで、アプリビジネスの構築と成長をサポートします。AWSを利用すれば多様なテクノロジーに簡単にアクセスできるため、イノベーションを加速させ、さまざまなプロダクト・サービスを実現することが可能です(注:AWSテクノロジーの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります)。

2021年6月にAmazonアプリストアがモバイルアプリ開発者を対象に実施した調査によると、94%以上の開発者がアプリ開発にクラウドサービスを利用していることがわかっています。

200を超える幅広い機能サービスを提供するAWSを活用することで、開発者はインフラストラクチャの管理に費やす時間を削減し、カスタマーフィードバックへの対応やアプリビジネスの成長により注力できるようになるでしょう。テクノロジーサービスのデプロイに要する時間はほんの数分。構想から実装までにかかる時間も短縮可能です。

また、小規模開発者のコンテンツに関しても、Amazonアプリストア内で専用のセクションを設けて販促を行う予定です。

開発者のグローバルコミュニティに対するこのような投資は、Amazonアプリストアにさらなるイノベーションをもたらし、アプリのセレクション拡大にもつながるでしょう。

Amazonアプリストア小規模ビジネス向けアクセラレータープログラムは、Amazonのさまざまなサービスをとおして開発者コミュニティの成長をサポートする取り組みの1つです。Amazonアプリストアでは、あらゆる規模の開発者がユーザーに向けて継続的に開発を行えるようにすることを目指しています。本プログラムの詳細は今年後半にご案内しますので、ぜひご期待ください。

 

今後ともAmazonアプリストアをよろしくお願いいたします。

 


 

よくある質問(FAQ):

 

Amazonアプリストア小規模ビジネス向けアクセラレータープログラムの適用対象について教えてください。

  • 前暦年の年間収益が100万USD未満の開発者と、Amazonアプリストアの利用が初めての開発者が適用対象となります。
  • 対象となった開発者の収益が当年内に100万USDを超えると、手数料率は標準に戻り、年内の残りの期間はAWSクレジットを受け取ることができなくなります。
  • 翌年以降、年間収益が100万USDを下回った場合、その次の暦年は本プログラムの適用対象となります。

 

AWSクレジットのしくみについて教えください。

Amazonアプリストアでの年間収益が100万USD未満の開発者には、AWSのサービスに使用可能なプロモーションクレジットとして、収益の10%相当が付与されます。このクレジットを使用すれば、インフラストラクチャテクノロジー(コンピューティング、ストレージ、データベースなど)から、先端テクノロジー(機械学習、人工知能、データレイク・分析、IoTなど)まで、さまざまなAWSサービスを利用することができます。クレジットを受け取るには、本プログラム開始時に、Amazonアプリストア開発者ポータルでAWSアカウントIDを入力してください。クレジットは毎月付与され、開発者はクレジットを適用する対象サービスを自由に選択することができます。

 

AWSクレジットの有効期限はいつですか?

AWSプロモーションクレジットの有効期間は、付与された日から12か月間です。

 


 

執筆者:パラニダラン・チダンバラム(Palanidaran Chidambaram)、Amazonアプリストア部門ディレクター

Amazonアプリストア、Android App Bundleをサポート開始へ

(※本ブログは、こちらの英語記事を翻訳したものです)

 

2021年6月、Googleは同年8月よりGoogle Playでの新規アプリの公開はAndroid App Bundle形式で行う必要があると発表しました。App Bundleには、アプリのダウンロードサイズ削減やオンデマンドでの機能・アセットのダウンロードを可能にするといったメリットがあり、Amazonアプリストアではサポートの準備を積極的に進めています。また、この変更により、ユーザーは必要に応じてアプリの部分的なダウンロードを即座に行えるようになります。

現在Amazonアプリストアでは、開発者が引き続きアプリ申請を簡単かつスムーズに行えるよう、既存のAPK形式に加えてApp Bundle形式をあらゆる申請タイプで使用できるよう取り組んでいます。進捗状況については今年の後半にお伝えする予定です。
 


よくある質問(FAQ)

1.AmazonアプリストアでAndroid App Bundleの使用は必須となりますか?
App Bundleの使用は任意です。既存のAPK形式を用いたアプリの申請も引き続き可能です。

2.アプリの申請方法に変更はありますか?
アプリの申請手順に変更はありません。APKとApp Bundleのどちらの形式でも、従来と同じ方法でアプリを申請できます。

3.APK形式で公開済みのアプリを再申請する必要はありますか?
いいえ、APK形式で申請・公開済みのアプリを再申請する必要はありません。新規アプリの公開や既存アプリのアップデートも、引き続きAPK形式で行えます。App Bundleを使用するには、バンドル形式(*.aab)での申請を計画する必要がありますが、アプリの申請方法自体に変更はありません。

5.AmazonアプリストアがApp Bundleのサポートを開始したら、App Bundleのあらゆるメリットをすぐに受けられますか?
まずApp Bundle形式のアプリがアップロード可能となり、それから徐々にさまざまなメリットを提供できるよう注力していきます。詳細については、サポート開始日が近づいたらお知らせします。

6.App Bundleの申請時にアプリ署名鍵をAmazonに送信する必要はありますか?
いいえ、AmazonアプリストアではApp Bundleの申請時にアプリ署名鍵の共有は不要です。現在申請時にAPKに署名しているように、App Bundleも署名する流れになります。
 

 

Microsoftの次期OS「Windows 11」がAmazonアプリストアをサポート(ローンチ時は米国のみでの展開)

 

(※本ブログは、こちらの英語記事を翻訳したものです)

 

2021年6月24日(米国時間)に開催されたMicrosoftのWindowsイベントにおいて、MicrosoftとAmazonは次期OS「Windows 11」でAmazonアプリストアをサポートする計画を発表しました。これにより、Windows 11デバイスでさまざまなジャンルのAndroidアプリを利用できるようになります。

Amazonアプリストア/クロススクリーン技術担当ディレクターのパラニダラン・チダンバラム(Palanidaran Chidambaram)は、次のように述べています。「現在Amazonアプリストアでは、Fire TV、Fireタブレット、Androidデバイスで利用できる多彩なモバイルアプリを提供しています。今回の発表に伴い、Amazonアプリストアの開発者は何億人ものWindowsユーザーにAndroidアプリを提供できる機会を得られます」

 

Windows 11でAmazonアプリストアがサポートされることで、開発者はWindowsデバイス向けにアプリを配信し、投資対効果の向上を目指せます。AndroidアプリはWindows 11のMicrosoft Storeで提供され、Amazonアプリストア経由でダウンロード可能です。

Amazonアプリストアを介したアプリの提供は、今年後半に米国でのみ開始となる予定です(日本でのサービス展開は未定)。Windowsユーザーにアプリを提供する方法については、今後詳細をご案内いたします。

Amazonアプリストアでは、開発者にさまざまなメリットを提供できるよう取り組みを行っています。Amazonアプリストアのご利用がまだの場合は、 まずこちらの手順に従ってアプリを申請してみましょう。 

  


よくある質問(FAQ)

 

1.Windowsユーザーにとって、Amazonアプリストアはどのようなメリットがありますか?

Amazonアプリストア経由で提供されるアプリのセレクションが加わることで、WindowsデバイスのMicrosoft Storeからダウンロードできるモバイルアプリの数が増え、Windows 11ユーザーの選択肢が広がります。
 

2.Amazonアプリストアで配信中のアプリをMicrosoft Storeで探す方法を教えてください。

Windowsユーザーは、Microsoft Storeに組み込まれた検索・閲覧・発見の機能を使用して探すことができます。
 

3.Amazonアプリストアで配信中の既存アプリは、自動的にWindowsでも提供されますか?

Windowsでの配信方法の詳細については、今年後半にお知らせします。現在Amazonアプリストアをご利用でない場合は、こちらの手順に従ってAndroidアプリを申請してください。